夢の小説家になるにはブックスペースの電子出版

本を読むのが好きな人にとって、お気に入りの小説家というのがあるようです。例えば人気絶頂の東野圭吾の作品などは,常にベストセラーになっているようです。最近では“倍返し!”の半沢直樹シリーズの著者である池井戸潤作品などは前の作品も多く読まれているようですね。

ものを書くという行為は大昔の石器時代から壁画として残っているように、いつの時代でも自分の言葉で記録に残したいというものがあるようです。それは誰しもが小説家になりたいという夢を多かれ少なかれ持っているのですね。そんな小説家を目指す方法として電子書籍出版があります。
電子書籍とはワープロなどで入力した小説などをデータ化し、インターネット上の電子書籍のお店で販売することです。この電子書籍化をサポートしているのが電子書籍の「ブックスペース」です。
こちら→ http://www.ebksp.jp/debut

ブックスペースでは「小説家になる!」とデビューを目指す方を応援する電子書籍の作成とその出版をお手伝いしています。電子出版するとあなたの作品がネット上で販売され、それにより、売上の収益も手に入るようになってきます。電子書籍なので、通常の本の出版と違いひじょうに安い費用で出版できるのも魅力となっています。
そのやり方はかんたんです。Wordなどで作った小説などの作品を投稿するだけです。出来上がった電子書籍はiBooksやKindleストアなどで販売されるのです!
小説家になるには、「ブックスペース」の電子書籍出版を活用されてみてはいかがですか!

Your email will never published nor shared. Required fields are marked *...

*

*

Type your comment out: